音楽CDを今後販売する意味はあるのか



既にレコード会社やレーベル、芸能事務所などに所属している場合は自分で決めれることではないですが、いずれにせよ大量に枚数を刷ってしまう事は危険です。 多くのCDの在庫を抱えてしまう可能性がありますし、それを保管しておく場所も全くありません。 それはメジャーでもマイナーなインディーズでも変わりはありません。 音楽の配信やダウンロードでの販売をメインに考えなくてはいけないのです。 大手の広告費を使える企業の場合最低でも全国の販売店に一枚くらいは置いておきたい所ですが、実際はそれも必要ないのかもしれません。 日本のオリコンチャートはCDの出荷枚数でランキングされますので全くあてになりませんが逆手にとって在庫を覚悟して出荷枚数を増やせばチャートに載ることができます。 馬鹿ばかしいと考えてしまうという方も多いですが、これは今では音楽業界では主流のやり方です。 ランキングに入ることでテレビなどで放送されますので、ある意味では世間に広告していると考えればいいのです。 それでも本当に作品として認められているわけではありませんので短命であることが多いのではないでしょうか。

生命保険でお金を借りる


プロモーションの仕方を考える



インディーズバンドやアンダーグランドのアーティストの場合は今からメジャーと契約するメリットはあまり考えられません。 プロモーションにかけるお金が高ければその音楽が浸透して売れるという特殊なバブルな景気の時代はもう終わったような気配がしています。 今は無駄に闇雲に宣伝をしても意味がないのです。 青年から国民的アイドルと呼ばれている若い女性の集団AKB48などは実際にはCDの売り上げだけで考えたなら作詞家や作曲家などの印税が発生している人以外はそこまで儲かっていないと言えます。 なぜなら音楽業界では媒体で宣伝する広告料が法外に大きいからです。 また、結局は音楽としてのセールスよりテレビ番組の出演料や雑誌やCMなどそれ以外の所が稼ぎのメインと言えます。 これと同じことは国内で誰も簡単に真似できないようになっています。 日本の狭い芸能界自体ががっちりとくっ付いて陰で金銭面で癒着し合っているからです。 ですからここと戦おうと思っても損をするだけなので、向かおうとしたり真剣に考えるだけ無駄なのです。 このモンスターグループを抜いてCDの売り上げでランキング上位を取る必要性は全くないのです。

プロモーションビデオ
スタジオ
歌の持つ力
CD